XMの最大ロット数と最大ポジション数を解説【制限・計算方法あり】

この記事の内容

・XMの最大ロット数(ロット制限)を口座タイプ別に比較

・XMの最大ポジション数をご紹介

・最大ロットでエントリーするときの必要証拠金を解説

こういった内容についてご紹介します。

\ タダで3,000円分の元手がもらえる! /

目次

XMの最大ロット数 (ロット制限) と最大ポジション数の比較表

XM Tradingには、3つの取引口座タイプがあります。

口座タイプごとの最大ロット数と最大ポジション数をまとめたのが、次の比較表です!

口座タイプ マイクロ口座 スタンダード口座ゼロ口座
通貨単位 (1lot) 1,000通貨 100,000通貨100,000通貨
最大ロット数 100ロット 50ロット50ロット
最大ポジション数 200ポジション 200ポジション200ポジション
最大ロット数の比較表

それぞれの単語の意味について、簡単に解説しておきます。

通貨単位 (1ロット) とは?

通貨単位とは、1ロット (1lot) でエントリーしたときにいくらの通貨を保有するかを表したものです。

単位はドルで、たとえばマイクロ口座で1ロットエントリーしたら1,000通貨、つまり1,000ドル (約10万円) 分のポジションを保有するということです。

スタンダード口座とXM Trading Zero口座 (通称:ゼロ口座) の通貨単位は10万通貨なので、1ロットで10万ドル (約1,000万円) 分のポジションを保有することになります。

最大ロット数 (ロット制限) とは?

最大ロット数とは、1口座でエントリーできるロット数の上限を表したものです。マイクロ口座なら最大100ロット・スタンダード口座/ゼロ口座なら最大50ロットまでに制限されています。

なお「通貨単位×ロット数」で、いくら分の通貨を保有することになるかを計算することができます。

  • マイクロ口座:1,000通貨×100ロット=100,000通貨
  • スタンダード口座:100,000通貨×1ロット=100,000通貨

上の計算式からもわかるとおり、マイクロ口座の最大ロット数である100ロットでエントリーするのは、つまりスタンダード口座 (+ゼロ口座) で1ロットエントリーするのと同じということになります。

最大ポジション数とは?

最大ポジション数とは、予約分も含めた注文数になります。

  • 10ロット ドル円の買い注文
  • 20ロット ドル円の買い注文
  • 20ロット ドル円の指値予約注文

たとえば上のような場合、ポジション数は「3」です。ロット数は「50」になります。

最大ポジション数はどの口座タイプも「200」なのでまだ余裕はありますが、スタンダード口座とゼロ口座の最大ロット数は「50」なので、これ以上エントリーすることはできません。

\ タダで3,000円分の元手がもらえる! /

XMの最大ロット数【口座タイプ別】

XMの最大ロット数を、各口座タイプごとに見ていきましょう。

  1. マイクロ口座の最大ロット数
  2. スタンダード口座の最大ロット数
  3. XM Trading Zero口座 (ゼロ口座) の最大ロット数

それぞれ解説します。

① マイクロ口座の最大ロット数

口座タイプ マイクロ口座
通貨単位 (1ロット) 1,000通貨
最大ロット数 100ロット
マイクロ口座の最大ロット数

XMのマイクロ口座の最大ロット数は「100ロット」です。

通貨単位は「1,000通貨」なので、1,000通貨×100ロットで最大10万通貨・約1,000万円分のポジションを保有可能です。

② スタンダード口座の最大ロット数

口座タイプスタンダード口座
通貨単位 (1ロット)100,000通貨
最大ロット数50ロット
スタンダード口座の最大ロット数

スタンダード口座の最大ロット数は「50ロット」です。

通貨単位は「100,000通貨」なので、100,000通貨×50ロットで最大500万通貨・約5億円分のポジションを保有できる計算です。

③ XM Trading Zero口座 (ゼロ口座) の最大ロット数

口座タイプゼロ口座
通貨単位 (1ロット)100,000通貨
最大ロット数50ロット
ゼロ口座の最大ロット数

XM Trading Zero口座 (通称:ゼロ口座) の最大ロット数は、スタンダード口座と同じ「50ロット」です。

通貨単位も同じ「100,000通貨」なので、100,000通貨×50ロットで最大500万通貨・約5億円分のポジションを保有することができます。

\ タダで3,000円分の元手がもらえる! /

XMのロット数と1pipsの損益計算方法

XMで1ロットのポジションを持ったときに、1pips変動するといくら損益が変動するのか気になりますよね。

この章では、ロット数と1pipsの損益計算方法について解説します!

マイクロ口座の1pipsの損益計算

マイクロ口座の1ロットは1,000通貨、つまり1,000ドル (約10万円) 分のポジションを保有することになります。

このマイクロ口座で1ロットエントリーしたときに、為替レートが1pips変動したときの損益変動額は次のとおりです。

pips数損益の変動額
1pips±10円
10pips±100円
100pips±1,000円
マイクロ口座の損益計算

マイクロ口座は通貨単位がスタンダード口座の100分の1なので、変動する損益も100分の1になります。

為替レートが1pips動いても、損益は10円しか変わりません。

スタンダード口座の1pipsの損益計算

スタンダード口座の1ロットは10万通貨、つまり10万ドル (1,000万円) 分のポジションを保有することができます。

スタンダード口座で1ロットのポジションを持ったときの、損益の変動額は次のとおりです。

pips数損益の変動額
1pips±1,000円
10pips±10,000円
100pips±100,000円
スタンダード口座の損益計算

スタンダード口座の場合、為替レートが1pips動くと損益は1,000円上下します。

レートが100pips、つまり1円上下すると損益も10万円変動するため、資金を一気に失わないようにロット管理が大切になってきます。

ゼロ口座の1pipsの損益計算

ゼロ口座はスタンダード口座と同じ1ロット10万通貨、つまり10万ドル (1,000万円) 分のポジションを保有することができます。

ゼロ口座で1ロットのポジションを持ったときの、損益の変動額は次のとおりです。

pips数損益の変動額
1pips±1,000円
10pips±10,000円
100pips±100,000円
ゼロ口座の損益計算

通貨単位が同じなので、損益の変動額もスタンダード口座と変わりません。為替レートが1pips動くと、損益は1,000円単位で変動します。

\ タダで3,000円分の元手がもらえる! /

XMの最大ロット数と必要証拠金

XMの口座を使って最大ロットでエントリーするなら、いくらの証拠金が必要になるのかご紹介します。

なお、必要証拠金の計算にはXMのホームページにある「証拠金計算ツール」が便利なので、ぜひ使ってみてください!

レバレッジ888倍でドル円にエントリーするとき、最大ロット数のポジションを持つために必要な証拠金の額は次のとおりです。

口座タイプ最大ロット数必要証拠金
マイクロ口座10013,050円
スタンダード口座50652,478円
ゼロ口座50652,478円
最大ロット数と必要証拠金の関係

上記のように、マイクロ口座なら約13,000円が口座内にあれば、ドル円に100ロットでエントリーすることができます。

一方でスタンダード口座やゼロ口座の場合、最大ロットである50ロットでエントリーするには、65万円以上の証拠金が必要となります。

\ タダで3,000円分の元手がもらえる! /

XMの最大ロット数と最大ポジション数に関するよくある質問

XMはロット制限はありますか?

XMは、エントリーできるロット数の上限が決まっています。最大ロット数は口座タイプによって異なり、マイクロ口座は最大100ロット、スタンダード口座・ゼロ口座は最大50ロットです。

XMの最大ポジション数を教えてください。

最大ポジション数は、全口座タイプ共通で200ポジションです。これには、予約注文数も含まれます。

XMのマイクロ口座の最大ロット数を教えてください。

マイクロ口座の最大ロット数は「100ロット」です。

【まとめ】XMの最大ロット数と最大ポジション数

XMの最大ロット数と最大ポジション数を解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

XMの魅力は最大888倍というハイレバレッジですが、むやみにロット数やポジション数を増やすと大損する可能性が高まります。

必要証拠金や1pipsあたりの変動額なども計算しながら、ぜひ自分自身でコントロールするようにしましょう!

\ タダで3,000円分の元手がもらえる! /

それでは、今回は以上です。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる