【XMのマイクロ口座】特徴とメリット・デメリットを完全解説

この記事の内容

「XMのマイクロ口座って実際どうなの?」

「マイクロ口座とスタンダード口座の違いって何?」

「マイクロ口座はどんな人におすすめ?」

こういった内容を解説していきます!

目次

XMのマイクロ口座の特徴とメリット・デメリット

まずは、XMのマイクロ口座の特徴とメリット・デメリットをご紹介します。

実際にマイクロ口座を使う前に、強みと弱みをしっかり把握しておきましょう!

① マイクロ口座の特徴とメリット

マイクロ口座を知るには特徴とメリットの確認を最初にしておきましょう!

主な特徴やメリットは次の4点です。

  1. 取引通貨量が低くできるので初心者でも安心
  2. ボーナスがすべて適用される 
  3. 手数料がわかりやすい
  4. 最大レバレッジは888倍

それぞれ順番に解説をしていきます。

①取引通貨量が低くできるので初心者でも安心

マイクロ口座の取引量は1ロット=1,000通貨です。

XMで開設できる口座の種類はマイクロ口座を含め3種類あります。

他の「スタンダード口座」と「ゼロ口座」の取引量は1ロット=100,000通貨、マイクロ口座は100分の1しか取引量がありません。

低い取引量のメリットは次のとおりです。

  • 損失が抑えられるので初心者でも安心
  • デモ口座を開設しなくても新手法の練習ができる
  • EAの検証がしやすい

マイクロ口座の最低ロット数は0.01ロットです。0.01ロット=10通貨」なので、非常に小さな取引を可能とします。

デモ口座を開設しなくても、少額ではありますが実際のお金の動きを味わいながら取引ができるのです。

MT4の使い方が不慣れな人でも、0.01ロットによる新規注文方法さえ知っておけば、新規口座開設時に受け取った5,000ポイントだけで長期にわたり取引の練習ができます。

実は、デモ口座の利用を避けた方がよい性格を持つトレーダーもいることを知っておきましょう。

  • デモ口座だからと適当な取引をして遊ぶ
  • デモ口座の適当な取引に慣れてしまうことでリアル取引に影響がでる
  • 実際のお金ではないのでFXに大切なメンタル面が鍛えられない

口座開設ボーナスで受け取った5,000ポイントは、取引で勝てば利益として出金ができます!

「リアル取引なので、20万円稼ぐ!」といった目標もつくりやすいですよね。

マイクロ口座なので大きな利益を出すのまでに時間がかかりますが、次の状況にならない限りボーナスは消滅しません。

ボーナスの消滅理由
  • 出金依頼を行う
  • すべての資金を別の追加口座に移動した(ボーナスも一緒に移動する)
  • 90日間トレードをしない
  • 取引でボーナスが0になるまで負けた
  • 口座が凍結された

取引期間が長くなることだけでは、ボーナスの消滅はしません。

FXのトレードが初めての人は、リアル取引を味わいながらだんだんと取引に慣れていきましょう!

XMのマイクロ口座は、取引量が低いので初心者に優しい口座です。

②ボーナスがすべて適用される

マイクロ口座は、XMで用意されているすべてのボーナスに対応しています!

ゼロ口座には適用されないボーナスも、マイクロ口座ならば問題ありません。

XMで用意されているボーナスは次の3点です。

  • 新規口座開設ボーナス
  • 2段階のご入金ボーナス
  • XMロイヤルティプログラム(お取引ボーナス)

XMは海外業者の中でもボーナスの充実がトップクラスです!

すべてのボーナスを活用することで有利に取引が進められます。

ボーナスが付与されるのは、メリット以外のなにものでもありません。

③手数料がわかりやすい

XMのマイクロ口座は手数料がわかりやすいというメリットがあります。

マイクロ口座の手数料は、取引の際に生じるスプレッド幅のみです。

マイクロ口座のドル円におけるスプレッド
  • 平均スプレッド:2.0pips
  • 最小スプレッド:1.0pips

スプレッド幅は新規ポジションを保有した時点で背負います。

ポジション保有後、プラスで決済をすれば手数料はすでに払っているので全て利益です。

XMのゼロ口座はスプレッド幅の他に取引手数料がかかります。

手数料がスプレッド幅だけでわかりやすいのは、マイクロ口座のメリットです。

④最大レバレッジは888倍

XMのマイクロ口座は最大レバレッジ888倍で取引ができます。

5,000円のボーナスが888倍のレバレッジ効果により4,440,000円になるのです!

ただし稼いで有効証拠金が増えるとレバレッジ規制がおきるので注意をしましょう。

レバレッジ規制は次のとおりです。

有効証拠金レバレッジ
199万円以下最大888倍
200万円以上999万円以下最大200倍
1,000万円以上最大100倍
XMのレバレッジ規制

レバレッジ規制に該当しなければ最大888倍のレバレッジが利用できます。

ゼロ口座の最大レバレッジは500倍なので大きな違いです。

しかもXMはレバレッジの変更もできます。大きいレバレッジが怖い人は小さい倍率に変更しましょう。

大きなレバレッジはマイクロ口座のメリットです!

② マイクロ口座のデメリット

残念ながらメリットがあればデメリットもあります。

マイクロ口座の主なデメリットは次の2点です。

  • ゼロ口座よりもスプレッド幅が広い
  • 収益性が低い

それぞれ順番に解説をしていきます。

ゼロ口座よりもスプレッド幅が広い

マイクロ口座のスプレッド幅は、ゼロ口座よりも広いというデメリットを持っています。

ゼロ口座のドル円における平均スプレッドは0.1pipsです。

同じ通貨量で取引をした場合、新規注文によりポジションを保有するだけで次の差が生じます。

  • マイクロ口座:マイナス2,000円からのスタート
  • ゼロ口座:マイナス100円からのスタート

通貨量を増やせばさらに差額は広がります。

ゼロ口座には手数料が必要なので、その分のマイナスもありますが、スプレッド幅によるマイナスの差額は大きいです。

他の海外FX業者と比べるとそこまでスプレッド幅に大きな違いはありませんが、スプレッド幅の小さいゼロ口座と比較するとデメリットといえます。

収益性が低い

先ほどの取引通貨量が低いというメリットが、逆に収益を低くしデメリットになる人もいます。

なかなか収益が上がらない取引画面を見ているとイライラするという人はいませんか?

イライラする人は、すぐに口座開設で得たボーナスを0にするかもしれません。

取引中イライラする人の流れ
  1. 最初は0.01ロットで取引をする
  2. なかなか利益が上がらないので通貨量を上げて取引をする
  3. プラスになかなかならず損切りを繰り返す
  4. 取り戻そうとして取引量をさらに増やしロスカット(ポジションを自動精算)を受ける

上記は取引にイライラする人によく見られる「あるあるネタ」です。

他にも毎回の小さな収益が、コツコツドカン(小さくコツコツ貯めた利益を、1度の大きな通貨量取引で失うさま)を起こすこともあります。

収益の低さに我慢することも初心者には必要です。しかし耐えられない可能性がある人にはデメリットかもしれません。

XMのマイクロ口座とスタンダード口座の違い

XMを初めて利用する方のなかには、マイクロ口座とスタンダード口座のどちらを開設するべきか悩んでいる方もいるでしょう。

この章では、マイクロ口座とスタンダード口座の違い、そして口座タイプの変更についてご紹介します!

① マイクロ口座とスタンダード口座の違い

マイクロ口座とスタンダード口座の違いを一覧表にまとめました。

マイクロ口座スタンダード口座
1ロットの通貨量1,000通貨100,000通貨
最大注文数100ロット50ロット
最小注文数MT4:0.01ロット
MT5:0.1ロット
0.01ロット
XMのマイクロ口座とスタンダード口座の違い

最大の違いは先ほどのメリットでも説明した通貨量です。

マイクロ口座では、100分の1の通貨量が採用されています。

一覧表にしてみるとわかりやすいです。

※カッコ内の金額はドル円が1pips動いた場合の金額を表しています。

ロットマイクロ口座スタンダード口座
0.01ロット10通貨
(0.1円)
1,000通貨
(10円)
0.1ロット100通貨
(1円)
10,000通貨
(100円)
1ロット1,000通貨
(10円)
100,000通貨
(1,000円)
10ロット10,000通貨
(100円)
1,000,000通貨
(10,000円)
100ロット100,000通貨
(1,000円)
利用できません
XMのマイクロ口座とスタンダード口座の通貨量の違い

マイクロ口座でもスタンダード口座と同じく100,000通貨の取引ができます。

最大注文数が100ロットまで利用できるからです。

しかし一度の取引で比べると、スタンダード口座よりも高額な取引ができません。

また、マイクロ口座でMT5を利用している場合は0.01ロットの取引ができないので注意しましょう。

② マイクロ口座からスタンダード口座に変更する手順

結論、口座タイプをマイクロ口座からスタンダード口座に変更することはできません。

新たに追加口座として、スタンダード口座を開設するしかありません。

変更できない項目
  • 取引プラットフォームタイプ:「MT4」「MT5」
  • 口座タイプ:「スタンダード口座」「マイクロ口座」「ゼロ口座」
  • 基本通貨:「JPY」「USD」「EUR」

スタンダード口座のような高額取引がしたいと思った人は追加口座を作成しましょう。

マイクロ口座からスタンダード口座に変更する手順は次のとおりです。

STEP
マイページにログイン後、マイクロ口座を選択して追加口座を開設

先ほど説明した「取引プラットフォームタイプ」と「基本通過」は変更できないので注意しましょう。

STEP
資金をマイクロ口座に移動する

資金の移動もマイページから行います。

マイアカウントの概要から、元ある「口座番号」の「オプション選択をする」をクリックし「資金振替」を選択しましょう。

先ほど追加した口座IDを「入金口座ID」で選択、入金額に全額を入力し「リクエスト送信」をクリックします。

「リクエストが正常に実行されました」と表示されればOKです!

STEP
元からあった古い口座を解約する

先ほどのマイアカウントのオプションから「口座を解約する」を選択します。

登録しているメールに解約した口座IDが届けば完了です!

変更ができないので、新しくマイクロ口座を作成して資金をすべて移動させたあと、古い口座を解約するしか方法はありません。

手順は簡単なので試してみてください。

XMのマイクロ口座の開設方法と手順

XMのマイクロ口座を開設する方法と手順をご紹介します。

マイクロ口座は、下の3ステップで開設することができます。

マイクロ口座の開設方法
STEP
お申込みフォームで個人情報を入力する

最初に「リアル口座のお申込みフォーム」を開きます。

次に「個人情報」「取引口座の詳細」「居住地の情報」「投資家としての情報」を入力しましょう。

入力する内容難しくありませんので安心してくださいね。

取引口座の詳細では「マイクロ口座」を選択してください。

STEP
送られてきたログイン情報を確認する

登録したメールアドレスにXMからの受信が確認できます。

本文にある「Eメールアドレスをご確認ください」をクリックしたあとに、「XMTradingでのリアル口座開設、おめでとうございます」と表示されればOKです!

しばらくすると「XMTradingへようこそ-お口座の詳細」が送付されるので、会員ページにログインをしましょう。

STEP
本人確認を済ましリアル口座を有効化する

ログインをしたら「今すぐ口座を有効化する」をクリックします。

マイナンバーをお持ちですかと聞かれたら一旦「いいえ」を選択しましょう。

※マイナンバーカードで証明書を提出する場合は「はい」を選択します。

書類アップロードから「身分証明書」と「現住所証明書」を提出してください。

「証明書類アップロード完了通知」が送付されると有効化手続きは完了です!

有効化されたあとはボーナスの受取り申請を行いましょう!

マイページからできます。

忘れて30日が経過すると、新規口座開設ボーナスが消滅するので注意してくださいね。

XMのマイクロ口座のロット計算

XMのマイクロ口座は、スタンダード口座やゼロ口座とロットの単位や計算方法が異なります。

ここからは、マイクロ口座のロットについて2つのテーマで解説していきます!

① マイクロ口座の1ロットと通貨単位

マイクロ口座の1ロットは1,000通貨です。

ではマイクロ口座でドル円を1ロットで取引するのに、いくらの証拠金が必要か計算をしてみましょう。

必要証拠金の計算式は次のとおりです。

必要証拠金の計算式

必要証拠金=現在のレート×取引量(ロット数×1,000通貨)÷レバレッジ

現在のレートが110円とします。

マイクロ口座の最大レバレッジ888倍を利用している状態として計算式に当てはめてみましょう。

110円×1,000通貨÷888≒124円

マイクロ口座で1ロット取引をする場合、124円の必要証拠金があれば取引を開始できます!

口座開設ボーナスで受取れるのは5,000円です。

マイクロ口座ならば1ロット取引が余裕で始められれます。

② マイクロ口座の最大ロット・最小ロット

マイクロ口座の最大ロットと最小ロットは次のとおりです。

最大ロット数100ロット
最小ロット(MT4)0.01ロット
最小ロット(MT5)0.1ロット
XMのマイクロ口座の最大ロット数と最小ロット数

では最大ロット数で取引したときの必要証拠金を、先ほどの計算式を利用して確認してみます。

110円×(100ロット×1,000通貨)÷888≒12,388円

口座開設ボーナスだけでは足りません。

1ロットで大きな利益をあげるか、入金ボーナスを活用して証拠金にゆとりが出来たら始めましょう。

次に、最小ロットで取引した場合の必要証拠金を計算します。

110円×(0.01ロット×1,000通貨)÷888≒2円

必要証拠金は2円です。

0.01ロットの場合、1pips動いたら0.1円の利益が得られます。

10pipsで1円。100pipsで10円の利益です。

口座開設ボーナスだけで、数年は取引ができるかもしれませんね!

XMのマイクロ口座の注意点

実際にXMのマイクロ口座を使うときには、いくつか注意点があります。

特に次の4点については誤解している人も多いので、しっかり頭に入れておいてください!

  1. 通貨ペアのシンボル表記が異なる
  2. マイクロ口座のスプレッドはスタンダード口座と同じ
  3. マイクロ口座の通貨ペアはスタンダード口座と同じ
  4. マイクロ口座でもEA(自動売買システム)は利用できる

それぞれ、順番に解説します。

① 通貨ペアのシンボル表記が異なる

XMの3口座は、それぞれで銘柄名のシンボル表記が異なります。

ドル円表記の場合は、それぞれ次のように表示がされるので注意をしてください。

  • マイクロ口座:「USDJPYmicro」
  • スタンダード口座:「USDJPY」
  • ゼロ口座:「USDJPY.」(ピリオドを表記)

マイクロ口座であってもMT4を開くとスタンダード口座の銘柄が表示されます。

ただしマイクロ口座で開設をしているので、スタンダード口座の銘柄では取引ができません。

見間違わないように注意をしてくださいね。

② マイクロ口座のスプレッドはスタンダード口座と同じ

マイクロ口座のスプレッドはスタンダード口座と同じ幅が利用されています。

マイクロ口座とスタンダード口座の違いは「通貨量」と「注文数」といった取引量だけです。

取引量しか変わらないことから、取引量が少ないマイクロ口座は初心者向けとなっています。

取引量が大きくなるスタンダード口座は、マイクロ口座では物足りなくなった人向けの口座です。

③ マイクロ口座の通貨ペアはスタンダード口座と同じ

通貨ペアもスタンダード口座と同じく、57 銘柄の中で取引ができます。

ちなみに他の商品も豊富です。

  • FX/貴金属:4 銘柄
  • CFD/株価指数:24 銘柄
  • CFD/商品:8 銘柄
  • CFD/エネルギー:5 銘柄

98商品の中から取引を選択できます。

ただ初めての人には、日本人がなれ親しんでいるドル円での取引がおすすめです。

④ マイクロ口座でもEA(自動売買システム)は利用できる

マイクロ口座でもEAは利用できます。利用できるどころかEAを試してみるのならばマイクロ口座がおすすめです!

先ほど説明をしたとおり、マイクロ口座で0.01ロットの取引をすれば長期にわたり取引が続けられます。

本当に稼げるEAなのかの検証に、マイクロ口座ほど適している口座はありません。

XMでEAを利用するときは、マイクロ口座で試してからにしましょう!

【まとめ】XMのマイクロ口座を完全解説

XMのマイクロ口座、いかがでしたでしょうか?

「まずは低リスクに始めたい」という方は、ぜひマイクロ口座を使ってFXを始めてみてくださいね。

それでは今回は以上です!

【関連記事】【XMのスタンダード口座】特徴やスプレッド・ロット数を完全解説

【関連記事】【XMのゼロ(ZERO)口座】通貨ペアや手数料・レバレッジまでを完全解説

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる