【XMの口座タイプ】おすすめと確認・変更の全手順

この記事でわかること

・XMの3つの口座タイプの違いが分かるようになる。

・どの口座タイプがおすすめなのか知ることができる。

・口座タイプの確認方法や変更方法を知ることができる。

XMでは、3つの口座タイプを使ってトレードすることができます。

しかし、どの口座タイプを使えばいいのか、またどの口座タイプが自分に合っているのか理解しているトレーダーは多くありません。

この記事では、おすすめの口座タイプから確認・変更の手順まで、どこよりも分かりやすくご紹介します!

\ タダで3,000円分の元手がもらえる! /

目次

【XMの口座タイプ】スタンダード口座・マイクロ口座・ゼロ口座の違い

XMには口座タイプが3つ存在します。

口座タイプにより、保有できるポジション量やスプレッドのせまさが変わるため、トレードのやり方そのものが変わってきます。

今回紹介する口座タイプは以下の通りです。

  1. スタンダード口座
  2. マイクロ口座
  3. ゼロ(ZERO)口座

これから紹介する口座ごとの違いを理解して、取引する際に向いている口座を見つけましょう。

① XMのスタンダード口座

XMのスタンダード口座は、多くのトレーダーが最初に解説する主力口座です。

高いレバレッジに加えて、高い約定力を確保できる取引を可能にするなど、安定した取引が期待できます。

また、大きな通貨量にも対応できる口座で、大きな取引を希望している人にも向いている口座です。

項目内容
1ロットの取引量100,000通貨
レバレッジ888倍(5~20,000ドル)
200倍(20,001~100,000ドル)
100倍(100,001ドル~)
スプレッド1.0pips~
手数料なし
最大保有ポジション200ロット
最小取引ロット数0.01ロット
1ポジションの最大保有ロット数50ロット
取引ボーナス利用可能
口座開設ボーナス利用可能
取引で利用できる基本通貨米ドル、ユーロ、日本円
最低入金額5ドル
XMのスタンダード口座

1ロットを10万通貨として設定している口座ですが、0.01ロットから購入できるため、1,000通貨から取引可能です。

取引ボーナスや口座開設ボーナスなど、XMが提供しているあらゆるボーナスに対応している点で使いやすい口座と言えます。

レバレッジは最大888倍と高いものの、保有している残高による変動型となりますので、レバレッジが抑えられる可能性もあります。

② XMのマイクロ口座

XMのマイクロ口座は、少ない取引数量を希望しているユーザーに向けて作られたものです。

本来の取引数量よりも大幅に少ない量から取引可能で、少額でもFXを楽しめます。

レバレッジなどのルールは変わらないため、XMでのリスクを減らしたいユーザーにもおすすめです。

項目内容
1ロットの取引量1,000通貨
レバレッジ888倍(5~20,000ドル)
200倍(20,001~100,000ドル)
100倍(100,001ドル~)
スプレッド1.0pips~
手数料なし
最大保有ポジション200ロット
最小取引ロット数0.01ロット(MT4)
0.1ロット(MT5)
1ポジションの最大保有ロット数100ロット
取引ボーナス利用可能
口座開設ボーナス利用可能
取引で利用できる基本通貨米ドル、ユーロ、日本円
最低入金額5ドル
XMのマイクロ口座

大きな違いは1ロットの取引量が1,000通貨に制限されている点です。

これにより、最小ロットであれば10通貨から購入できます。

レバレッジを適用させれば、かなり少ない金額から取引できるメリットを得られます。

その一方で、大きな利益を上げるために使う口座ではない点に注意しなければなりません。

③ XMのゼロ(ZERO)口座

XMのゼロ口座は、スプレッドが最小0pipsに設定される口座です。

FXの常識とされていたスプレッドが極力抑えられるため、取引時の手数料を削減できるメリットを持っています。

一方で、他の口座とは異なるルールが採用されているため、利用する際は違いをしっかり理解しなければなりません。

内容項目
1ロットの取引量100,000通貨
レバレッジ500倍(5~20,000ドル)
200倍(20,001~100,000ドル)
100倍(100,001ドル~)
スプレッド0pips~
手数料あり(片道5ドル)
最大保有ポジション200ロット
最小取引ロット数0.01ロット
1ポジションの最大保有ロット数50ロット
取引ボーナス利用不可能
口座開設ボーナス利用可能
取引で利用できる基本通貨米ドル、ユーロ、日本円
最低入金額5ドル
XMのゼロ口座

スプレッドは0に近い数字を実現していますが、代わりに手数料として片道5ドルが必要です。

手数料はスプレッドと違いますので、スプレッドが存在する際は両方を支払う必要があります。

手数料を考慮して取引しなければ、より多くの損失が発生する点に注意してください。

また、レバレッジの最大値が500倍に制限されています。

\ タダで3,000円分の元手がもらえる! /

XMの各口座タイプをおすすめするトレーダー

XMの口座はトレードの方針によって変えていくのが望ましいでしょう。

口座タイプを変えなければ、思っていたような取引が実現しない場合もあります。

確実に取引を成功させるため、おすすめできるトレーダーの情報を理解しておきましょう。

ここからは、XMの各口座タイプをおすすめするトレーダーを紹介します。

① スタンダード口座をおすすめするトレーダー

スタンダード口座は、XM初心者におすすめです。

XMでの取引をまだ経験していない人、これから海外FXでのトレードを増やしていきたいユーザーはこの口座を選ぶのが無難です。

その理由は以下の要素を持っているためです。

スタンダード口座を選ぶべき理由

・XMの基本的な機能が全て揃っているため

・ハイレバレッジを経験できるため

・他の口座に比べると余計な機能が存在しないため

スタンダード口座はハイレバレッジを採用し、その上で他の口座に存在する余計な規制や手数料がありません。

余計な機能が存在していない点を踏まえると、FX経験の浅い人でも取引しやすいでしょう。

他にもXMの基本的な機能を確認できるため、海外FXの挙動に慣れていない人も使いやすのです。

一方で以下のユーザーにはおすすめできません。

スタンダード口座が向いていない人

・少額で取引したい人

・少数ロットで取引したい人

・低スプレッドで取引したい人

スタンダード口座は最低1,000通貨の取引が必要です。

1,000通貨よりも小さい取引を希望している人は、別の口座を利用したほうが取引しやすいでしょう。

また、スプレッドの狭さを追求しているユーザーにもあまり向いていません。

自分好みの取引ができない場合は他の口座を検討してみましょう。

② マイクロ口座をおすすめするトレーダー

マイクロ口座は、少数ロットで取引したい人におすすめです。

日本国内の業者でもなかなか実現していない10通貨から取引可能ですので、あまり多くのロット数を必要としない人に使いやすいでしょう。

少数ロットを希望する人におすすめの理由は以下の通りです。

マイクロ口座を選ぶべき理由

・1ロットが1,000通貨に制限されているため

・0.01ロットから取引できるため

・ハイレバレッジによる証拠金軽減が図れるため

マイクロ口座は、スタンダード口座から取引ロット数の変更を加えたものです。

ハイレバレッジはそのまま使えるため、少額での取引も可能となります。

最低10通貨から取引できる点で、海外FXを試してみたいと感じるユーザーにもおすすめできるでしょう。

一方で以下のユーザーにはおすすめできません。

マイクロ口座をおすすめできない人

・より多くの取引量を希望している人

・低スプレッドで取引したい人

・FX初心者の人

多くの取引量を希望している場合、スタンダード口座を利用した方が多くの取引が可能です。

また、マイクロ口座は低スプレッドが実現していないため、スプレッドを減らしたい人は別の口座を検討してください。

他にもFX初心者はスタンダード口座を試したほうが、将来的にFXの動向を確認しやすいでしょう。

③ ゼロ(ZERO)口座をおすすめするトレーダー

ゼロ口座は、スプレッドを極限まで減らしたいトレーダーにおすすめです。

ゼロ口座ではスプレッドが0に近い状態で提供されるため、他の口座で発生している広めのスプレッドを気にせず取引できます。

より小さいスプレッドを狙いたい人、スプレッドを気にして取引したいと考えていない人は、ゼロ口座を検討するといいでしょう。

一方で、以下のトレーダーにはおすすめできません。

ゼロ口座をおすすめできない人

・手数料を取られたくない人

・ハイレバレッジを希望する人

・ボーナスを利用して取引したい人

ゼロ口座は片道で手数料を取られてしまうため、手数料を気にする人には向いていません。

また、ハイレバレッジも500倍に制限され、あまり大きなレバレッジを利用して取引できなくなります。

ボーナスも入金ボーナスが利用不可能ですので、ボーナスを活用した取引も満足にできません。

制限を考慮してどのように取引していくか考えていく必要があるでしょう。

\ タダで3,000円分の元手がもらえる! /

XMの口座タイプを確認・変更する手順

XMの口座タイプを覚えていない、または新しい口座タイプを用意したいなどの理由で、口座タイプを変更したいのであれば変更手続きが必要です。

まずは現在の口座タイプを確認しておき、今の口座で大丈夫なのか判断しておきましょう。

その上で口座タイプを変更したい時は、追加口座開設などの検討を行ってください。

ここからは、口座タイプを確認する方法と変更するための手順を解説します。

① XMの口座タイプを確認する方法

XMの口座タイプを確認するためには、XMのマイページへログインしてください。

マイページの中に、口座タイプが記載された部分があります。

「口座種別」という部分に現在の口座が記載されており、一目で判断できます。

記載されている文章による口座タイプは以下の通りです。

口座タイプの表記日本語名
Standardスタンダード口座
Microマイクロ口座
Zeroゼロ口座
口座タイプの表記

また、記載された文字をクリックすると、現在の口座内容が確認できます。

口座の詳細まで確認したい時はクリックするといいでしょう。

② XMの口座タイプを変更する手順

XMの口座タイプは、作成した後変更する方法がありません。作成した口座タイプはそのまま利用し続けなければなりません。

どうしても変更したいと考えているなら、新しく口座を作成する必要があります。追加口座を希望する人は、以下のページで追加口座の作り方を紹介しています。

このリンクでは追加口座を作成する際のルールなども記載されています。

作成したい口座タイプが増えた時は、追加口座作成を完了させ、取引してみるといいでしょう。

\ タダで3,000円分の元手がもらえる! /

XMの口座タイプ選びに関する注意点

XMの口座タイプを選ぶ際、以下の注意点をしっかり確認しておきましょう。

  1. ゼロ口座はボーナスがもらえない
  2. 口座タイプごとにシンボルが異なる
  3. ログイン・トレードしないと口座維持手数料がかかる

特にボーナスを重視している人は、ゼロ口座では得られない点に気をつけておきましょう。

XMは豊富なボーナスを提供している業者ですので、ボーナスを得られないのは大きな損失に繋がります。

取引を有利に進めるかどうかも踏まえて、口座タイプを選ぶように心がけてください。

ここからは、口座タイプを選ぶ際の注意点を詳しく説明します。

① ゼロ口座はボーナスがもらえない

ゼロ口座はXMで提供されているボーナスの大半が提供されません。

ゼロ口座はスプレッドを0に近づける方法でサービスを提供していますが、その代償としてボーナスを受け取る権利が失われています。

ボーナスを使って取引したい人は、ゼロ口座を利用しないようにしましょう。

なお、以下のボーナスはゼロ口座でも受け取れます。

ゼロ口座でも受け取れるボーナス

・口座開設ボーナス

・ゼロ口座に対応したキャンペーンのボーナス

口座開設ボーナスはゼロ口座でも利用可能となります。

稀にキャンペーンでゼロ口座も対象となるものもありますので、その場合はボーナスを利用できます。

それ以外のボーナスは利用できない点に注意してください。

② 口座タイプごとにシンボルが異なる

口座タイプごとに取引する際に使われる気配値一覧シンボル名が異なるため注意してください。

XMでは全ての口座で同じシンボルを利用しているのではなく、別のシンボル名を採用しています。

例えば、米ドル円での取引を希望する際、口座タイプごとに記述が異なります。

口座タイプシンボル表記
スタンダード口座USDJPY
マイクロ口座USDJPYMicro
ゼロ口座USDJPY.
口座タイプとシンボル表記

スタンダード口座は余計なものが記述されていない、通常の表記が使われます。

一方でマイクロ口座とゼロ口座は、通常の表記に加えて追加の表記が加わる形です。

ゼロ口座はしっかり確認しないと違いがわかりづらくなっている点に気をつけてください。

なお、口座タイプによるシンボルの違いで以下の制限が加わります。

シンボルによる制限

・シンボルの違う取引は利用できない(灰色表記となる)

・シンボルの違う取引のチャートは確認できない

・マイクロ口座やゼロ口座の気配値は「すべて表示」から表示させる

シンボルごとにチャート内容が異なるわけではないものの、口座タイプの違いで取引できないものは気をつけましょう。

また、気配値が初期状態で確認できないケースがあるため、まずは気配値を表示させる手順を進めてください。

③ ログイン・トレードしないと口座維持手数料がかかる

作成した口座を放置していた場合、口座維持手数料がかかります。

口座維持手数料は、取引をしっかりしていれば徴収されません。

しかし、以下の条件に該当している人は徴収されてしまいます。

口座維持手数料を徴収される条件

・XMへ90日以上ログインしていない

・XMでの取引が90日間確認されていない

条件に当てはまっている人は、毎月5ドルの口座維持手数料を請求されます。

これは口座残高が0ドルになるまで続き、0ドルになると徴収されません。

0ドルの状態で90日間放置していると、凍結口座として処理されます。

凍結口座は入金手続きをしない限りトレードできなくなります。

\ タダで3,000円分の元手がもらえる! /

XMの口座タイプに関するよくある質問

XMには、いくつの口座タイプがありますか?

「スタンダード口座」「マイクロ口座」「ゼロ(ZERO)口座」の3つの口座タイプが用意されています。

XMは、どの口座タイプでもボーナスを受け取ることはできますか?

新規口座開設ボーナスは、どの口座タイプでも受け取ることができます。一方で、ゼロ口座はそれ以外のボーナスはすべて対象外となっています。

XMの口座タイプを変更したいのですが、どこからできますか?

口座タイプの変更はできません。マイページから、追加口座を開設ください。

【まとめ】XMの口座タイプを完全解説

XMの口座タイプについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

XMは、1人につき最大で8口座まで保有することができます。

もしどれがいいかわからないと思ったら、ぜひ追加口座を開設してすべての口座タイプを試してみてくださいね!

それでは、今回は以上です。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる